冷たいメール

冷たい感情のこもっていない句読点だけのメール構成だったりいつまでたっても敬語で相手にメールを送るのはやめましょう。冷たい人間に思われてしまいますしメールをしていてもつまらないと感じてしまいます。

絵文字ばかりのメールは気持ち悪いと思ってしまうかもしれませんが、逆に極端に文章だけのメールだと怒っている?と思われたり興味がないの?と相手は考えてしまいます。

人間の心理としては相手に相槌だったり何かしらの感情が読み取れないと不安に感じてしまうものです。

具体的に言うとみんなで話しているときに自分が話しているときだけ相手が相槌だったり返事もなかったら多分ほとんどの人は周りに嫌われている?とか私が何かしたのかな?という風に思うでしょう。

これは実験結果で証明されている人間の心理ですが、人は興味を持ってもらわないと嫌われているという風にとらえてしまうのです。

それは文章からでも読み取ることは出来ます。

中にはメールが苦手でどのようにして返信していいの変わらないから結果的に句読点だけのメールだったり怒らせたくないから敬語を使ってしまうのかもしれません。

ですがある程度のメールで表情を送らないと相手には伝わりません。絵文字は自分の今の感情を伝えると思ってください。一回のメール中で2個ぐらい使えばいいのではないでしょうか?

敬語に関してもある程度仲良くなったのであれば徐々に敬語を減らしていく努力も必要です。

距離を縮める努力をしましょう。

★即アポスピード出会い★ ★人妻出会い系NO.1★ ★ご近所出会いNO.1★